春のタマゴケさんぽ

画像

画像

画像

春に淡い緑色の丸い胞子体をつけるタマゴケをネイチャーガイドとともに観察する「春のタマゴケさんぽ」。
奥入瀬渓流には、約300種類の苔が生息しており、2013年に「日本の貴重なコケの森」に選定され、気軽に自然に触れ合うことができる為、苔好きの女子に人気のスポットです。
透明感のある風船のような胞子体をつけるタマゴケにルーペで近づき、観察してみると肉眼では見えづらい細部が見えてきます。その小さな世界では
星状で透明感のある葉、淡い緑の丸い胞子体や、胞子体の先端にある針状の鞘がはっきり観察できます。ミクロの世界をお楽しみください。

春のタマゴケさんぽ

期間2019年4月14日(日)~2019年4月30日(火)
時間8:00~9:45
場所ホテル近郊、奥入瀬渓流館周辺、奥入瀬渓流中流
定員16名(最少催行人数1名)
料金大人  2,160円
小学生 2,160円
未就学児 無料
※散策の際、ルーペの貸出あり、スマートフォン専用レンズ無料貸出
お申込み前日20:00までにアクティビティデスクに申込み願います
※事前ご予約も承っております。
  事前ご予約は3日前までにHPまたは予約センターにお問い合わせ願います。(0176-51-1117)
◇HPからのお申込みはこちら

‹‹ 前の記事を見る  |  アクティビティ一覧へ  |  次の記事を見る ››