秋の過ごし方

じゃわめぐりんご祭り

青森の秋の風物詩・りんご。青森屋では、「じゃわめぐりんご祭り」と題し、りんご尽くしの滞在を提案します。
市場には出回らないりんごを食べながら馬車で公園を巡ったり、新登場のオリジナルりんごスイーツを楽しんだり、
秋ならではのコンテンツをご用意しています。

期間 2021年9月1日(水)〜11月28日(日)
場所 じゃわめぐ広場を中心に開催
内容 ・NEW ねぶた丸ごと焼きりんご
・NEW 巨大りんご灯篭づくり
・りんごジュースの出る蛇口
・りんごガチャガチャ
・のれそれりんご図鑑

じゃわめくりんご×ほたて祭りの過ごし方

一日目

りんご娘

りんご娘

ウェルカムドリンクに、「りんごジュースが出る蛇口」でりんごジュースをご用意。りんごの木に取り付けてある蛇口をひねるとりんごジュースが出てきます。

時間 14:00~20:00
料金 無料

温泉  露天風呂「浮湯」

温泉  露天風呂「浮湯」

四季折々の風情が楽しめる青森屋自慢の露天風呂。湯ざわりとろとろの湯を満喫ください。

ねぶた丸ごと焼きりんご

ねぶた丸ごと焼きりんご

バターで焼いたりんごとりんご入りカスタードクリームを交互に重ね、ねぶたの山車(だし)を模した皿に盛りつけた秋限定のスイーツです。お皿の周りには、ハネト(踊り手)や、お囃子を演奏する人のミニチュアもあり、祭り気分を盛り上げます。

時間 16:00~18:00
料金 1,500円
場所 ヨッテマレ酒場

これであなたも「あおもリンガル」

これであなたも「あおもリンガル」

早口言葉や昔ばなしを通し、楽しく青森の方言がマスターできます。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

りんごガチャガチャ

りんごガチャガチャ

生のりんごが丸ごと出てくる「りんごガチャガチャ」。時期により中に入っている品種が異なり、どれが出てくるかは回してからのお楽しみ。

時間 15:00~22:00
料金 1回 200円(税別)

夕食 ビュッフェレストラン「のれそれ食堂」

夕食 ビュッフェレストラン「のれそれ食堂」

かっちゃ(お母さん)が出迎えるビュッフェレストラン。目の前で焼き上げる炉端焼きがおすすめです。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

青森四大祭りのショー

じゃわめぐショー

津軽三味線や青森の民謡、スコップを津軽三味線に見立てて演奏する「スコップ三味線」が楽しめるショー。毎晩開催です。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

二日目

朝食バイキング

朝食バイキング

豊富な種類の料理が並ぶバイキング。
イカの塩辛や南蛮味噌など、ご飯のお供も充実しています。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

渓流オープンバスツアー

渓流オープンバスツアー

屋根なしの「2階建てオープントップバス」に乗り、風を感じながら奥入瀬渓流を巡るツアーです。徒歩とは違う目線で自然を満喫できます。
*2021年11月7日までの運行です。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

のれそれりんご図鑑

のれそれりんご図鑑

精巧な焼き物で作り上げた150種類のりんごを展示している「のれそれりんご図鑑」。津軽焼を使用した素朴な風合いが特徴です。

八幡馬ラウンジ

八幡馬ラウンジ

古民家を改装し、伝統工芸品を設えた有料ラウンジ。目の前に広がる自然の風景を眺めながら、寛ぎのひとときをお過ごしください。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

巨大りんご灯篭づくり

巨大りんご灯篭づくり

りんごの皮や枝を使って、2枚の「りんご和紙」を作ります。1枚は針金の枠組みに貼り付けて「巨大りんご灯篭」をみんなで作りあげます。1枚はお土産として持ち帰りください。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

夕食 七子八珍会席

夕食 七子八珍会席

古民家レストラン「南部曲屋」では、青森の食文化として昔から伝わる「七子八珍会席」をご用意。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

三日目

朝食  古民家のふるさと御膳

朝食  古民家のふるさと御膳

古民家レストラン「南部曲屋」で召し上がる特別朝食。郷土料理「味噌貝焼き」など、季節の食材を詰め込んだ朝御膳をどうぞ。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

紅葉りんご馬車

貸し切りの馬車で、赤と黄色の2種類のりんごを食べ比べしながら公園を巡ります。色づく公園を眺めながらお楽しみ下さい。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

足湯

足湯

公園散策後におすすめな「足湯」。とろりとした肌触りの足湯に浸かりながら、公園の景色をお楽しみください。

チェックアウト

宿泊のご予約はこちら 

PAGE TOP